アカデミーについて

目次

演奏家のためのセルフプロデュースアカデミーとは?

愛され演奏家の構図

アカデミーの「強み」

アカデミーの強みは、これからの演奏家にも必要な「DX」を積極的に活用した活動の構築が出来るところです。

DX(Digital Transformation / デジタルトランスフォーメーション)とは、

進化したIT技術を浸透させることで、人々の生活をより良いものへと変革させるという概念のことです。

DXと聞くと難しそうに感じますが

IT技術の進化によって作られたシステムに着目してみると、私たちの生活にある身近なものが変化していることが分かります。

例えば、銀行のインターネットバンキングや、オンラインでのチケット購入、ZOOMやスマホなどがあり、身近にある “ありとあらゆるもの”を指します。

デジタル技術を手段として用いたビジネスモデルの変革が

日々、行われており

セルプロはまさに

時代の波に乗って柔軟に対応していくことが出来る「アカデミー」です。

3つの専門領域

唯一無二の演奏家になる
” セルフプロデュース力 “

ファンや支援者が増えてしまう
「仕組み」を手に入れる

「実践型プログラム」です。

たった 3カ月集中型徹底受講

  1. あなたらしさが輝くブランディングとその手法一生もののセルフプロデュース 力  
  2. 演奏家としての利益の出る仕組みづくり & 時代に合わせた集客法
  3. HP&SNS&オンライン化で自由な発信力の強化!    

「3つの専門領域」をマスターし
演奏家としての活動できる仕組みを構築します。

夢に向かっていくあなたの結果にコミットします。

これをチャンスと捉えれば

「新たな一歩」踏み出すための
あなたの背中を押す大きな力になってくれるはずです。

演奏家のニューノーマルな活動スタイルを作り上げ
あなたらしい幸せな生き方を実現しましょう!

日本の音大では

日本の音楽大学では
◆ アートマネージメントコース
◆ アートプロデュースコース
という科はありますが

演奏家が自立するためのスキルを学ぶ授業がありません。

それに比べ、海外の大学では、
音楽家として自立するために必要なスキルを
必修科目として学びます。

何故、日本ではこのような大切なことを
大学で学べないのでしょうか?

◆イギリスのロイヤルアカデミーでは
    「Business for Musicians」
◆音楽の都ウィーンでは
       「セルフマネージメント」

◆アメリカでは「セルフプロデュース」

①スポンサーを探し 
②音楽事務所宛に書く手紙の作り方 
③自分を売り込む為のポートフォリオの作り方 
④確定申告・税金対策

などを学びます。

もし、日本の大学にもこの授業があれば、クラシックを学んだ生徒の未来も大きく変わっていると思うと残念で仕方ありません。

こんな方におすすめです!

  • 頑張っているけど、なかなか成果の出ない方
  • コンサート集客に困っている方
  • ご自身のブランディングを見直したい方
  • 頭の中では色々考えているけど、行動に移せない方
  • 自分に自信がなくて、行動に移せない方
  •  音楽を活かした仕事で自立!安定的な収入を得たい方
  • 自分らしい活動を見つけたい方
  • 集客・宣伝方法を知りたい方
  • パソコンが苦手で思うように発信が出来ない方
  • オンライン配信・講座・レッスンの仕方を知りたい方
  • もっと演奏活動を広げたい・増やしたい方
  • 人とのコミュニケーションも苦手な方
  • 音楽から離れていたけど、やはり音楽活動をしていきたいと思われてる方
  • 今まで培ってきた音楽でまわりに夢を届けたい方・素晴らしさを何らかの形で伝えていきたい方
  • 自己解決能力、切り開いていく力を身に付けたい方
目次
閉じる